スキルを付ける

男性

企業では営業と似た、ラウンダーを担当している社員は多くいるのではないでしょうか。ラウンダーとは、自社と取引を行っているスーパーやデパートに出向いて、他の製品との違いを調査し報告して、もっと多く売ってもらうための部署です。自社製品のことをもっと良く知ってもらうために、他の製品との違いだけでなく、取引先や消費者のニーズにあったものなどの情報収集能力が必要になります。また、製品の説明だけでなく、コミュニケーションを取らなくてはいけません。そのため、研修を行う企業も多くあるでしょう。ラウンダーを行っていて、研修を受けていても必ず先方から良い返事が来るとは限りません。この仕事は、企業にとって重要な役割になるので、スキルを高めるために研修を行っていた方が良いのではないでしょうか。

ラウンダーの研修を行う前に、活動目的やプロセスを理解させておいた方が良いでしょう。目的やプロセスを理解していないまま研修を行っても、社員のスキルを高めることは難しいといえます。そのため、研修を受ける社員全員が理解して行わなくてはなりません。ラウンダーの業務に必要な、知識を研修で学ぶことができます。研修内容としては、消費者の意識、購買行動、マーチャンダイジング、カラーコントロールなどの知識をつられます。また、スキルとしては効率の良い陳列技術、POP作り、店長や売り場スタッフに対する商談の仕方などがあります。知識やスキルをつけて、ラウンダーとして仕事を行うことができるでしょう。