【施設選びにはコツがある】老後は有料老人帆ホームで過ごそう

高齢者でも食べやすく

料理

利用するメリット

介護食品とは、介護が必要な人でも食べやすく作られた食品のことです。主に高齢になり、嚥下する機能が衰えがちな人に使われます。高齢になり、嚥下機能が低下すると、固いものが噛み切れなくなったり、気管に食べ物が入ってむせたりします。そうならないように、柔らかくしたり、飲み込みやすいようにとろみをつけたりしてあるのが介護食品の特徴です。介護食品は自宅でも作ることはできますが、メニューが単調になりがちな上手間暇もかかります。市販の介護食品や通販の介護食品を使うと手間暇を節約できる上食事のバリエーションをつけることができるというメリットがあります。活動が少なくなった高齢者にとって食事は一番の楽しみです。そのため、飽きが来ないこと、楽しく食べられることに重点をおいて食事を用意する必要があります。ですが介護はいつまで続くかわからないものであり、介護される側はもちろんのこと介護する側にとっても大きな負担がかかるものです。長く続く介護を乗り切るためには適度に手を抜くことが重要となってきます。そのようなときに介護食品は便利な存在として活躍してくれるはずです。介護食品を選ぶときは、介護の度合いに応じた食事内容になっているか、続けやすい価格か、美味しいか、見た目にも楽しさがあるかなどを考えて選びましょう。刻み食、ミキサー食、ペースト食など介護の必要度に応じて内容は変わってきます。食べやすさだけでなく食べる楽しさがあるかや美味しいかも重要なポイントです。

Copyright© 2018 【施設選びにはコツがある】老後は有料老人帆ホームで過ごそう All Rights Reserved.